summerUV
BEAUTY

知っておくと「キレイ」に「差」が出る紫外線と髪のコト。

日に日に夏の近づきを感じるこの頃、活動的に外に出る機会も増します。
「美肌にとって夏の紫外線は大敵」というコトはもうみなさんもご周知の通りだと思いますが、
以外と忘れがちな髪と頭皮の紫外線対策についてふれながら、キレイ」に「差」が出る紫外線のコトについてお伝えしていこうと思います。

①紫外線の基礎知識

エネルギーの源である太陽から発せられたエネルギー波の中で普段私たちの目に届いて見えているのが「可視光線」と呼ばれる「光」で虹色の7色の両端にあるのが紫色と赤色で、この紫から外側にあるのが紫外線と呼ばれ、赤色から外側にあるのが赤外線と呼ばれます。
人間の目には見えないのですが、紫外線というのは光の中の一種類です。
さらに、その紫外線の中でも波長の長いものと短いものでそれぞれ人体に与える影響が違うので、「UV-A」.「UV-B」.「UV-C」と区別されるようになっています。
光のスペクトルと紫外線
光のスペクトルと紫外線
「UV-A」の肌と頭皮への影響
地表に降り注ぐ紫外線の約90%がこのUV-Aと言われています。
UV-Aはその他のUVよりも物質を透過しやすく、肌のより深い部位(真皮)にまで達して、じわりじわりと肌と頭皮にダメージを与えます。雲も透過して地表に届くので、「曇りの日でも紫外線対策を。」と言われるのはこのためです。真皮というと若々しい肌の維持に不可欠なコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどお肌のハリ・うるおいをつくる大切な部分です。
また、UV-Bよって発生したメラニン色素を酸化させ褐色に変化させます。(サンタン)
日焼けで肌が黒くなるのはこのことによるものです。
「UV-B」の肌と頭皮への影響
UV-Bは短時間であっても肌表面に強く作用し肌が赤く炎症を起こすサンバーンを引き起こします。
また体が紫外線から肌を守ろうとする防衛反応によって色素細胞(メラノサイト)がメラニン色素を生成します。ここで作られたメラニン色素が、UV-Aの酸化反応によって褐色に変色し数日後に肌の色が黒くなります。これが日焼けです。
物質の透過力は低いものの、破壊力は強く肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、人体への影響が強いです。
「UV-C」の影響。
UV-Cはオゾン層をはじめとする地球の大気を透過できないので、いまのところ地表には届いていない紫外線です。UV-Bよりも、より人体への影響が強い紫外線です。

②紫外線の髪への影響

紫外線は4月から線量が増え始め6月・7月・8月・9月にピークを迎えます。
髪の毛はお顔の約3〜5倍以上もの紫外線量を浴びていると言われています。
ですが肌のように炎症を起こしてヒリヒリすることもないのでほとんど自覚症状を感じません。
ですからなかなか髪まで紫外線への対策を行わえれないことがほとんどです。
しかしながら、髪にとってみても紫外線による影響は大きく、さまざまな悪影響を及ぼしています。
紫外線量の月別変化
紫外線量の月別変化
紫外線によっておこる髪のダメージ。
もともと私たちの髪の役割の一つには頭皮を紫外線から守るという役割があります。
髪の毛のおかげで大切な頭部を保護してくれているわけですが、私たち黄色人種の祖先は紫外線の影響を強く受ける熱帯地方から伝ってこの日本にたどり着きました。私たちの髪がなぜ黒いのかというと、紫外線を吸収するためです。紫外線が髪に当たると紫外線は吸収され、髪を構成しているアミノ酸が酸化されて別の物質に変化してしまいます。このことをタンパク変性といいます。また髪のたんぱく質とたんぱく質の結びつきが弱くなりタンパク質の流失が起こります。このタンパク変性とたんぱく質の流失が起こると髪質に変化が現れはじめます。
水分保持機能の低下による乾燥。
たんぱく質の硬化によって感じるゴワつき。
キューティクルの荒れによるザラつき。
毛髪強度の低下。
色素や光沢感の消失など、
これらの現象によってカラーの退色と変色。パーマのカール、ウェーブのだれにつもながります。
紫外線によっておこる頭皮へのダメージ。
頭部のほとんどは髪によって紫外線から守られています。
しかし、頭頂部付近の髪の密度の低い部分には紫外線が届いてしまいます。
肌におこる紫外線の影響に加え、紫外線によってダメージを受けた頭皮は防衛反応として通常よりも早いペースで細胞の分裂を繰り返しヘアサイクル(毛周期)という髪の新陳代謝が正常でなくなり、抜け毛の増加にもつながりかねない状態になる恐れがあります。
秋に抜け毛が急に増えるというのはこういった原因が考えられます。
紫外線から「キレイ」を守るために。
お肌やお顔はもうみなさん十分に紫外線対策を意識しておられるはず。もう一歩、髪と頭皮を紫外線から守る意識を持っていただくとより良いヘアライフを送れるのでは、ということで、お肌にも髪にも使えるUVスプレーをお外ではこまめにお使いいただくことや、シャンプー後に使うトリートメントをUV効果のあるものを使っていただくことをお勧めしています。

September.16.2015
ぺたんとしやすい髪にはカラーで奥行きを。
STYLE
ぺたんとしやすい髪にはカラーで奥行きを。
ソルティール
BEAUTY
外出がわくわくするスタイリング剤「ソルティール」
no image
INFORMATION
これからのお悩み対策を応援します!!
エッセンシティ
MENU
飾らないというオシャレ。[ ESSENSITY – オーガニックカラー ]
この秋は髪にレイヤー
STYLE
この秋は髪に”レイヤー”
_DSC4033
BEAUTY
「あなたのための特別仕様」ヘアケア新シリーズGALBA登場。