MAGAZIN

僕にとって美容師は天職!「ワガママ」

DSC00078

美容師アシスタントとしての下積みが始まった。美容師の下積みというのは知っての通り厳しいもので、美容師という職業は「人をきれいにして幸せにする」というとてもわかりやすい仕事で、「人をきれいにして幸せにする」という行為を「技術」と呼ぶわけで、その「技術」を身につけるためには、その相当の努力が必要なわけです。そしてその「技術」は全て先輩から教えてもらうわけですから、「先輩=師匠」という形が必然的で、師匠なんかに嫌われようものなら、何も教えてもらえなくなるわけですから、夢もヘッタクレも無くなってしまうわけで。つまり、「教えてください」と自分からこの世界に飛び込んでいるわけですから、それなりに「師匠に尽くす」という事も引き換えにする「覚悟」も必要なわけです。「休み」や「給料」や「福利厚生」なんかは2の次で、とにかく「人をきれいにして幸せにできる人間になりたい」という情熱を持っているアシスタントだけが技術者として表舞台に立てるようになる世界なわけです。

DSC00347

とりわけ僕の居たサロンでもスタッフ皆が「一流」への強い意識を持っていて、「代官山で一番のサロンになる!」がスローガンだった。田舎から出てきた僕も少しでもそういった「一流」になるために見栄を張ったし背伸びもしていた。
 
 
カラーリストだからといって、カラーのことしか勉強をしないということではなく、もちろんカットの勉強もするしパーマも勉強する、カタチを知らないとカラーで魅せることはできない。ヘアカラーとカットとのつながりで一番大事なことはじつは「色」そのものより「質感」の調和を大事にすることがカラーリストとして僕が大事にしていたことかもしれません。面の美しさのあるヘアスタイルには面をより美しく彩る光沢感のあるヘアカラーを作り、毛束感と動きを感じるスタイルにはエアリーで空気感を感じるヘアカラーにコントロールしたり。ヘアカラーで表現できる要素はじつに奥深く同じヘアスタイルでも、ヘアカラーによって全く別物に仕上げてしまうことも可能なほど重要な要素を担っています。バンドで例えると、ギターやボーカルがスタイリストで、ベースやドラムスがカラーリスト、レストランで例えると、シェフがスタイリストなら、ソムリエがカラーリストのようなものでしょうか。
カットのことを知って髪の動きがわかった先にヘアカラーが活きてくる、またその逆も然り。その関係性だけで一晩は語れるかもしれません。面白すぎるのです、それは例えば孔雀のような目を引く色をデザイン性のあるヘアカラーだけがいいカラーとは言えず、僕がヘアカラーで大事にしたいことは「調和」カタチとの調和、質感との調和、肌色との調和、心との調和、その中にさりげない個性、遊び、デザイン。それはお客様にとってはすぐに気づいてもらえることではないのかもしれないけれど、、、上質な生地の洋服を身に纏った時のような肌触りのよさ、着心地の良さをヘアカラーで表現したいというのが当時ぼくが考えていたヘアカラーです。もちろん今もその志は変わりありません。

DSC_0003

そうして、カラーリストとして毎日サロンに立たせてもらっている日が続き、少しづつ心の中の「カットがしたい!」という欲求が日に日に増していくのを感じていた、その理由は様々あるが、後輩たちが一生懸命ウィックでカットの練習をしているのを見ていると、むかし自分が一番最初に抱いていた美容師への憧れを思い出していたことが大きい。後輩のカットの練習が羨ましく思えた。ある日、僕は毛利代表に「スタイリストになりたい!」と本気でお願いしてみることにした、大変な迷惑をおかけしてしまったと思っているし、恩師の小田さんにも申し訳ない気持ちがありながら、自分のワガママを許してくださったお二人には本当に頭が上がらない思いです。そうして、2年下の後輩たちと並んでカットの勉強を本格的に始めることになった。また一から渋谷駅でカットモデルのモデルハントで休みの日は1日潰れ、サロンワークに後輩の指導に、カットのカリキュラム、家に帰っても洗面台でウィックを切って、ほとんど寝る時間も無かったが、アドレナリンが出っぱなしで妙にハイテンションだった。

DSC00447

Naohiro Kontani

紺谷尚弘

Kontani Naohiro

Stylist . Colorlist
August.06.2015
ぺたんとしやすい髪にはカラーで奥行きを。
STYLE
ぺたんとしやすい髪にはカラーで奥行きを。
エッセンシティ
MENU
飾らないというオシャレ。[ ESSENSITY – オーガニックカラー ]
_DSC4033
BEAUTY
「あなたのための特別仕様」ヘアケア新シリーズGALBA登場。
ソルティール
BEAUTY
外出がわくわくするスタイリング剤「ソルティール」
no image
INFORMATION
これからのお悩み対策を応援します!!
この秋は髪にレイヤー
STYLE
この秋は髪に”レイヤー”